B01-013_m (2)



夏だね


B14-096_m (2)



冬ですが


B01-013_m (2)



夏と言えば!!?


B14-096_m (2)






B01-013_m (2)



そう!虫捕り!いくぞ!虫捕り!


B14-096_m (2)



毛が生え変わってきたなぁ





↓レシピはこちら↓
【ウェイカーヘラクレス】
(ゼクス公式サイトに繋がります)



B01-013_m (2)



というわけで南米熱帯雨林の奥地までやってまいりました。


B14-096_m (2)



本格的すぎる。


B01-013_m (2)



今回我々に同行して頂ける昆虫採集のエキスパートをお呼びしております。どうぞ。


B18-094_m



どうも。ヘラクレス捕獲専門家のUDです。私が網を放って捕まらないヘラクレスはいません。


B14-096_m (2)



肩書が軽すぎる。

 
例え火の中水の中草の中森の中

とにかく除外以外のありとあらゆる領域から『剛角グレートヘラクレス』を引っ張ってくるのが目的のデッキです。

ただただ愚直に『ヘラクレス』を出し続けましょう。


チャージからヘラクレス!


B18-087_m B18-097_m
B18-098-01_m


18弾でヘラクレスは驚異的な進化を遂げました。

従来チャージからの『ヘラクレス』獲得は基本的には『八大龍王難陀』が担っていたのですが、18弾で上記のカードが登場したことにより、IGアイコン及びエクストラに「チャージ→リソース」の手段を搭載出来るようになりました。

これによりメインの枠が空き、更に比較的好きなタイミングで『ヘラクレス』を呼び戻すことが出来ます。

また中でも『翠竜の桜翼 娑伽羅』の登場はかなり大きく、一枚でチャージの『ヘラクレス』を全てリソースに送れる『難陀』と同等の働きをする他、相手の盤面の除去も行えるため、「娑伽羅で相手のゼクスを一掃→空いたスクエアにヘラクレスを設置」という強力な動きを可能としてくれます。


トラッシュからヘラクレス!

B18-105_m

これまた18弾で登場の新カード。
至れり尽くせりですね、ヘラクレスのためにあるようなブースターパックだと思います。

イグニッションやディンギルのコストでトラッシュに落ちてしまった『ヘラクレス』をリソースに戻してあげましょう。

今回は採用していませんが、『ヘラクレス』『ヘラクレス』『雄大なる『豊沃』ニヌルタ』を降臨させ、効果で『聖樹を見守る者ピュアティ』を登場させると降臨に使った 『ヘラクレス』が二枚とも場に帰ってきます。すごい。


デッキからヘラクレス!

B18-094-01_m

デッキからヘラクレスを捕まえて来てくれる虫捕り少年。

本来ならターンの終了時に登場させたゼクスはリソースに置かれてしまいますが、ヘラクレスを登場させた場合そのまま場に残しておくことが可能に。

最近は『Mode〈Awaken〉 Type.XI』などでデッキに返されてしまうことも少なくないので序盤中盤終盤と仕事をこなしてもらうことになると思います。

単純にリソースリンクを揃えるのにも一役買ってくれるため、ウェイカーLv3は早々に達成してしまいましょう。


スクエアからヘラクレス!

B15-096-01_m B18-098-01_m


『八宝美神マスティハ』の効果で『ヘラクレス』を戻すと『ヘラクレス』とコスト6以下のゼクスが登場します。わがまま~。

あとは先ほど自分の『桜翼娑伽羅』とのシナジーを説明しましたが、相手の『桜翼娑伽羅』に強いのもポイント。

最近は全体除去を『桜翼娑伽羅』に一任しているデッキも少なくないので、その手のデッキは場を『ヘラクレス』で埋めるだけで嫌な顔をしてくれると思います。

単純に自分の『桜翼娑伽羅』で場の『ヘラクレス』を再配置したりも出来るので、スクエアを縦横無尽に飛び回らせましょう。



除外からヘラクレス!

ありません。死んだ者はもう戻らないのです。諦めましょう。







 
ティンバーフォースで相手の不意をつけ!

B03-099_m

最強のヘラクレス召喚魔法。

たった1コストでヘラクレスを登場させることが出来ます。

特筆すべきはイベントである点で、相手ターンのラストアタックに合わせて使用することにより次の自分のターンにヘラクレスをリブート状態で運用することが可能に。

レンジリンクと合わせて相手のPSを貫きましょう。

昨今チャージメタとして飛んでくるのは緑のリソース送りであることが多いため、ヘラクレスをチャージに残しておくことはあまり難しくないと思います。

『八宝美神マスティハ』『ヘラクレス』との運用を想定しているので、コストが1リソで用意出来る点も優秀ですね。

今回は汎用性を損なわぬよう、ライフから捲れたリソリンを入れたりも出来る『ティンバーフォース』を採用しましたが、より奇襲性がある『バタフライドミネーション』『危ない実験開始』などを入れても面白いかもしれません。

上記二枚は『ティンバーフォース』と違い手札からリソースに置くことが出来るため、完全に不可視の領域から登場させることが可能なのと、バウンスで手札に『ヘラクレス』がダブついてしまった時に役立つのが強みでしょうか。


_____________________________________




B01-013_m (2)



いや~たくさん捕った捕った


B18-094_m  



時にご主人、その大量の昆虫はどうするおつもりで?


B01-013_m (2)


 
特に何も考えてないな~逃がそうか


B14-096_m (2)



大きいものだと一匹10万円くらいで売れるみたいだよ


B01-013_m (2)  





B01-013_m (2)



・・・あ、ごめん、ちょっと用事思い出したから今日はここまで!また次回会いましょう!


B18-094_m



でも確か国外での昆虫の乱獲は密猟で罪に問われると・・・あれ?ご主人?


B08-050_m (2)
 

あのォ~すいません、警察のもんなんですけど~
ここらで昆虫の違法な乱獲が行われてるってタレコミがあったんですがぁ


B01-013_m (2)
 









                            おわり